2018年5月24日木曜日

HONDA PCX プラグ交換

PCX用に注文していたプラグレンチとプラグが届いた。



届いたジョント付きプラグレンチ。

なかには、ゴムが付いていて取れたプラグがここに刺さったままで引き抜けるようになっている。

こちらがプラグ。

それでは、さっそく交換しよう。PCXのステップゴムを剥いで、点検窓のネジを一つ外す。

点検窓の蓋を取ると、プラグが見える。

やはり、金具は付いていない。

購入したプラグレンチで外してみると、これがまたいとも簡単に緩めることが出来た。

取れたプラグ。これで良く火花が飛ぶモノだ。

気になったので、プラグコードの中を見てみると...

なんと、先の金具が入り込んでいた。

新旧比較。形状的には同じだ。

先端を見ると、だいぶ丸くなっている。ギャップも広い感じがする。

さっそく新しいプラグを取り付けた。手で回して回らなくなってからプラグレンチできつく締め付けたが、1/4程度しか回らなかった。締め付けすぎてねじ切ってもいけないのでそれくらいにしておいた。

プラグキャップも取り付けた。旧プラグの時は当然だがなんだかあまり感触が無かったが、今回はガチッとした差し込み感があった。

後は蓋を取り付けて完了だ。

さっそく、試乗に行くことにした。その前に、ガソリンを給油。これで一応気になる点の整備は完了したので、燃費変化を確認するためだ。

試乗で走ってきた。

とても良いかと言われると疑問だ。なんだかトルク感が無い感じ。アクセルをひねってもあまり速度が乗らない。だから、遅いかと言われるとそうでもない。なんとなく軽くアクセルひねっただけで定速走行してくれる感じはする。車体が軽くなったような。

でも、だからと言ってアクセルひねっても加速感が希薄だ。

ちょっと車の間をすり抜けてみたが、特に問題なく出来てしまう。

よくわからないが、体感ではあまり良くなった感じがしないのに、まとも以上によく走っているようなのだ。

まあ、これで少し乗ってみよう。



2018年5月23日水曜日

SUZUKI GSX-S1000F ミシュラン POWER SUPER SPORTS EVOにタイヤ交換

タイヤ交換に行ってきた。今回は、タイヤを外すところからお願いした。実は腰を痛めてしまって、少し痛いのだ。それで、今回は全部お願いすることにした。


購入したタイヤをバイクに積んで持っていった。

前回お願いした「Free Style」だ。リアタイヤの脱着込みの価格は3,500円だった。廃タイヤ代込みだ。

さっそく作業場に持ち込んで、リアをメンテスタンドに載せてタイヤを外している。

私は、ちょっと椅子に座って待っていたら、20分ほどで完了。作業が速い。


外したANGEL GTは廃タイヤ場に捨てられていた。

中はパンク修理剤が固まらずにさらさらのまま残っていた。また、固まった修理剤がタイヤの内側に点々と付いているのが見える。

代金を支払って、バイクで店を出ようとしたら、いままでほとんど無かったのにエンスト。危なく転倒するところだった。軽いGSX-S1000Fだから助かった。

いつものチョイノリしてきた。

走り出して思ったのは、とても安定している。ANGEL GTに最初に乗った時はガラスの上を走っているように不安定だったのに。これは、はじめから不安が無い。グリップしている感じがする。特に前後のバランスが悪いという感じもしない。まぁ、町中を普通に走っているだけなので当然だが。

車が少ないところで、スラローム走行してみたが、全然平気だ。


タイヤを触ってみると、ANGEL GTの時はただ堅い感じだったが、このタイヤはまさしくゴムのような感じがする。

ただ、溝は浅い感じだ。それにこの肌触りからして、保ちは良くないだろうと思われる。

製造年を見てみると「2615」とあるので、2015年製だとわかる。


「POWER SuperSports Evo」のロゴが。(^_^)

バイク修理してタイヤの寿命まで十分乗れるのにもったいないという話もあるが、もともとこの4年落ち(いまや5年落ちだが)のタイヤにあまり良い感じを持っていなくて、速く交換したかったというのが前提にある。

それに、3800km走っているし。私は交換して満足している。

特に、低価格で交換できたので、とても嬉しい。しかも、今のところ交換後のタイヤの状態も良い感じだ。これで安心して乗れる。できれば、ちょっと皮むきに100km程は走っておきたいところだ。


2018年5月22日火曜日

HONDA PCX エアーフィルター交換

エアーフィルターが先に来たので交換することにした。注文したのはこれ。




PCX用のエアーフィルターとしては最も低価格だった。バイクがバイクなのでこれでいいだろうと。

届いたのがこれ。なんだかフィルター部分がふにゃふにゃしている。まあ大丈夫だろう。

フィルターカバーには沢山のネジで止めてあるが、特にカウルなどを外す必要はなさそうだ。

長めのドライバーでネジを外していく。

こここが、一番外しにくかったが、なんとか緩めた。

外したフィルター汚い。

新旧比較。形状には問題ないようだ。

裏側。純正と全く同じだ。

実際取り付けても、すんなり入った。

カバーもひっかからずに付けられた。

問題ないようだ。

試乗してみたが、気持ちエンジンが高回転になったときに軽く拭け上がる気がする。それよりも、タイヤの空気圧が高くなったからか、足回りがしっかりした感じがする。
まあ、エアーフィルターごときで動力性能が大きく変わると言うことは無いのだろう。

それでも、あの真っ黒けのフィルターかが新しくなったと思うだけで気持ちいい。