2017年9月22日金曜日

SUZUKI GSX-S1000F 9月のクラブツーリングに参加 その3

つづきだ。

見たことがあると思ったら、その通りだった。


ちゃんと見るのは、今回が初めてだ。「あそぼうばし」と読む。「遊ぼう」という意味もあるらしい。

近くでよく見ると、頑丈な作りだ。

湾曲の部材が、和大工の技術を感じる。和大工が作ったものかは知らないが。

橋というくらいだから、川でも下にあるのかと思って覗いてみると、確かに細い川が下の方に見えた。意外に高い。平地にクレパス状の細くて深い川が流れていてそこにかかっているようだ。そのため、近くに来ても平地に突然橋がある感じになっているのだ。

そこから、北上していく。次は、湯布院に向かう。

途中で右折。

57号線を東に走る。

大分県に入る。

道の駅すごうに入る。今回初めての道の駅。実は、先日すぎやんがスタンプを集めているのを見て私もやってみたいと思っていたのだ。

それで、ここでスタンプブックを購入する事にした。

しかし、売れ切れで無かった。残念。

そこから、国道から外れて山の中へ。

なかなか、ハイペースだ。U太郎も走りが良くなってきたのだろうか。

途中で、木がぐるりと生えていた。

風防林なのだろうか。綺麗な杉の木だ。

しかしいい感じだ。

ナビが無いので、どこを走っているかはさっぱり。しかし、瀬の本付近まできているのか。

長湯温泉の看板。長湯温泉から、ドイツ村交差点からの広域農道というコースだろうか。

走ったことの無いと思われる道を入っていく。ただただついていくのも楽だ。

緩いカーブもあって楽しい。

長湯温泉は右への矢印だが、左折。どうやら、コースは違うらしい。

裏道を走る。

道はあまり良くない。時々こぶのように盛り上がっていて、車体がひどいショックがある。ハンドルをぎゅっと握る。

最初は、地震の影響で道がうねっているのかと思ったが、

一定の間隔で有るので、わざとだろう。

やっと、湯布院へ向かうR210に到着。

ここからは、道が良いのでハイペース。

この前来た由布院館は、今日も休みだった。

道の駅ゆふいんに到着。

でこぼこの道を走って疲れたぁ。

ここで、道の駅スタンプ帳が売っていたので購入して、初めてのスタンプをゲット。

チョコソフトをおやつに。なかなか美味い。ここで、解散となった。

すぎやんとkatuさんと3人で帰ることにした。だが、すでに300km以上走っていてガソリンが持たない。


道の駅を出て、湯布院の町中に向かうと、ENEOS右への看板。

行ってみると、休みだった。

元の道に戻ってさらに進むと、開いているスタンドを発見。右のCOSMOSに入った。

ここで、10リットルだけ給油。これだけあれば、持つだろう。

そこから、いつものように県道50号のセメント道を上がっていく。

ちょっと車に詰まったが、

追い越してからはハイペース。

仙の岩の前を通過。

そして、まほろばうさにはいり、

少し休憩。

そして、宇佐農道。

アグリラインをビューンと走って、流れ解散となった。

帰宅前に給油。今日は、行きが高速だったこともあり、457km走っていた。給油量は、途中で入れた10リットルを含めて20.26リットルで燃費は22.5km/lとここ数回のツーリングの中では良かった。行きの高速が効いているのだろう。

タイヤをチェック。まだミゾはあるが、スリップサインはしっかり確認できた。

リアは、まだミゾがある。

しかし、ちょっとコーナーでアンダーステアというか、立ちが強くなってきている。しかも、直進で安定性が無くなってきた。片減りしているのだろう。

全走行距離は、7,486kmとなった。これだけ走れば、もういいだろう。タイヤ交換だ。

2017年9月21日木曜日

SUZUKI GSX-S1000F 9月のクラブツーリングに参加 その2

つづきだ。


少し休んで出発。コンビニから右に出てすぐに右折。そして広域農道の看板が見えてくる。ここを右折。マミコゥロードだ。5月のツーリングでも走った。

天気も良く、車も少なく、いい感じだ。

途中から、𠮷無田高原方向に進路変更。

田舎道を走る。

確かに高原な感じだ。

それから、少し車も出てきたのだが、ほとんどがくねくねと曲がっていて直線路が無い。二番手を走っていた先日一緒に走ったU太郎はVツインの400だから、そう簡単には追い越しできない。

先頭のZZR1100乗りのまっちゃんは、簡単に追い越して姿が見えない。

少々、ペースが遅い。しかし、周りの景色を見ながら気を紛らわせる。

ところが、またまたトラブル。なんと、右のバックミラーが、緩んできて、手前に回ってしまって後ろが見えない。後ろは、すぎやん一人しか居ないのだが、見えないというのは危険回避の点からも気になる。

やっと、休憩地点に到着。先頭のまっちゃんは、バイクを降りヘルメットも脱いで、ここだよと手を振っていた。

こんな看板が有ったが、そんなことよりも、バックミラーだ。

工具を取り出して慌てて、締め直した。どうも、この個体だけなのか、いろいろなところが緩む。バックミラーもネジロック剤を塗っていたのだが。

まっちゃんは、昼食の店をどこにするか調べていた。候補は3つり、蕎麦、ハンバーガーなどがあった。

やっと修理が終わって見渡すと、いい景色だ。阿蘇の山々が遠くに見える。

皆で話し合って昼はハンバーガーに決定。

そこに向かって、南阿蘇方面に降りていく。

ちょっとバックミラーが心配だったので、早めに到着して対策たてられるように二番目を走った。

いいペースで走ってくれるので楽しい。

県道39号線から、国道325号線に右折して少し走った。後で気がついたが、実はこの左の建物が目的の店だったのだ。ちょっと高くなっていてわかりにくい。

少し走って、突然駐車場に入った。

そこで、スマホで確認。行き過ぎたと、ナビ無で先頭走れるだけですごいが、すぐに行き過ぎたと分かるのもすごい。私など通り過ぎてからも永遠に走り続けてしまう。

Uターンして道を戻った。

そして、改めて目的の店に到着。

建物の奥に止めた。

店の名は、「STRONG BOSS SALOON」だ、いかにもアメリカンだ。

わたしは、軽くベーコンと卵のサンドイッチにした。

店の奥には、ハーレー飾ってあった。店長の持ち物だろうか。

さらに、奥にはステージがあり、ドラムセットがある。ライブ演奏などもあるのだろうか。

なぜかハンバーガー屋なのに、ハンバーガーを頼んだのは一名のみ。まっちゃんだけだった。しかし、でかい。

さらに驚いたのが、ピザだ。厚手の生地にたっぷりチーズが載っていてたいそうな量がある。

頼んだのはU太郎。一人でよく食べた。かなり熱かったらしい。思わずスボンに落としたりしていた。

私の頼んだベーコンと卵のサンドイッチ。これも、軽くは全くなく、とても食べ切れなさそうだ。

半分でこれだ。それで、後の一切れは他の人に回してしまった。

腹一杯になった。ここは、ハーレー乗りのメッカらしく、後からかなりの台数のハーレー軍団がやって来て、ランチしていた。

そして、出発。先ほど曲がった県道39号線まで戻って、そこを右折。

すこし、細い道だった。

少し走ったところで、突然道端に停止。

いきなり間違えたとUターン。坂道なので、バックしてUターンした。しかし、このようなときは、軽いバイクで有ることを実感する。R1100RSとかバンディッド1250だったら、相当苦労しただろう。

Uターンして戻るとまっちゃんとU太郎が待っていた。ここを右折するのだったのだ。

そこも、細めながらいい道だ。阿蘇南部をくるりと回るようにして走って行く裏道だ。

次の目的地は、阿蘇望橋だ。通常ならば、R325、R265と走るのだろう。

阿蘇の険しい山々が見える。後日すぎやんからギザギザの山は根子岳だと聞いた。

景色も良くていい道だ。

そして、265号線に出た。

ところが、またまた突然Uターン。

平地だったので、ちょっとUターンに手こずった。

遅れたので、ぶっ飛ばして戻った。

すると、コーナーを曲がった先で止まっているのが見えた。

しかし、ぶっ飛ばしているので急には止まれない。

少しオーバランしてやっと、曲がれた。

県道214号線だ。かなり細い道だ。

そして、T字路に出た。

なんだか、見たことがある景色だ。

つづく。