2017年6月23日金曜日

バイクレ―スはマン島TT

私はバイク乗りだが、レースはF1、インディー、WRCと四輪車ばかりフォローしていて、バイクレースはほとんど見ていないし、よく知らない。

それでも、一番好きなバイクレースはマン島TTレースだ。マン島は、イギリス領の島で、イギリスの領地の丁度ど真ん中にあり、広さは572km2、人口は8万人程度。

マン島TTの"TT"は、"Tourist Trophy Race"の略だ。1907年から開催されている歴史あるバイクレースとして超有名だ。コースは一周60kmにも及び、街中や高原などを縫うように走りまわる。

私がなぜにこのレースが好きかと言えば、レースそのものというよりもそのビジュアルというか迫力が好きなのだ。だから、実際のレース参加者などや誰が優勝したかなどはよく知らない。

マン島TTレースといえば、このビデオに尽きる。


最初に少々お年を召した女性が、目の前を走り抜けるバイクを見て叫んでいるが、まさしくその感覚なのだ。サーキットのレースは、観客とコースが完全に分離されていて、近くない。それに対してマン島TTレースは、ほんの数メータ先を時速200キロを超える速度で走り抜けるバイクを見ることができるのだ。

BGMも素晴らしい。使われているのはWithin Temptationの「Faster」という曲だ。

このプロモーションビデオがまた、いいのだ。大迫力のサウンドでお聞きすることをお勧めする。画面をワザと振動させるテクニックで、さらに曲の迫力が増している。

話が横道に行ったが、もう一本レース動画を紹介すると


マン島の1ラップはF1などとは異なりかなり長い。F1が長くて6km程度なのに対してマン島TTは、1周60kmもある。なんと10倍だ。コースを覚えるだけで大変だ。単にゆっくりドライブするのなら問題ないだろうが、平均時速が200km/hを超える速度での走行だ。数センチのずれで、コースを飛び出してしまう。しかも、一般道なので凸凹はあるし、うねっていたり、高低差も400m近くあり相当なものだ。


このビデオは、その1周コースをすべてオンボードカメラでとらえたものだ。

改めてこれを見ると、本当にねじが1本外れているとしか思えない、超高速走行具合で驚く。そして難コースの為、何かあれば、即、死が待っている。実際毎年死亡者が出ているとのことだ。

実際にこんなスピードで走れないだろうが、一度自分のバイクで走ってみたいものだ。そして、レースの観戦もしてみたい。レースそのものは一般道で行われるため、WRC同様に費用は発生しないが、イギリスまで行くのが大変だが。

一つの夢ではある。

2017年6月22日木曜日

LOGICOOL M170 激安マウス

amazonで時々セールをやっているので気を付けていたら、マウスが特価になっていた。



LOGICOOL ロジクール M170 2.4GHz ワイヤレスマウス 無線マウス レッド M170RD 省エネルギー設計 超コンパクト アドバンス オプティカル トラッキングで高精度 2年間保証

現在は870円のようだが、それでも、安いとは思うが、特価時はなんと、2.4GHz帯仕様のワイヤレスマウスが500円だった。


安い上に送料無料は申し訳ないので、3色全部注文した。それでも、1,500円だ。

500円とは思えないちゃんとしたパッケージ。中国に注文したら、きっと擦れたビニール袋に入ってきそうだが、さすがamazon。メーカー品という事もあるが。

箱から出して見ると、まあ、プラスチック感いっぱいの価格なりの外観だが、樹脂成型はしっかりしている感じがする。矢印の書かれた紙が挟んである。

一番のお気に入りはこの赤黒だ。

最近バイクが赤黒になったからか、このカラーが好きになってきている。以前だったら赤が入った途端に外れていたのに。

裏側。やはりちゃんとした整形だ。

安いなりにも、サイドには滑り止めの表面になっている。通常、樹脂成型では、表面がこれほど凸凹していると型から製品が抜けにくくなるので嫌われるのだが。

表は、艶消しのブラック。まあ確かに高級感はない。

開けてみるとちゃんと電池まで入っていた。矢印の付いたシートは電池の漏電防止だったのだ。そして、超小型のレシーバーが収納できる工夫もしてある。

消費電力を襲えるために、ON/OFFスイッチも付いている。

使ってみると非常に軽い。滑りもよく、クリッ感もとてもいい。音もほとんどしない。深夜のクリックやスクロールなどの操作も気兼ねなくできる。

手が小さい私にちょうどいい小型のマウスだ。最近では、これが常用マウスになっている。思った以上に使い勝手がいい。

いいものを買った。お勧めだ。

2017年6月21日水曜日

デジタル赤外線非接触温度計 GM320

以前から非接触の温度計が欲しいと思っていたのだが、かなり安いものを見つけたので購入してみた。

本当は、面測定でグラフィック表示されるようなものが欲しかったが、非常に高価。それで、お試しでとりあえず温度が測定できるものにした。



【BENETECH】デジタル赤外線非接触 IR 温度計 温度ガンテスター範囲 -50~380℃ GM320


これが購入したもの。私が注文したときは1,100円程だった。

激安品ということで、日本のamazonで購入したのに中国から届いた。直接中国のサイトで注文すればさらに安く購入できるだろうが、どんなものが届くか分からないリスクはある。amazonならその点少しは安心だろう。届くのに注文から12日かかった。

■Aliexpress 1 Pcs GM320 Laser LCD Digital IR Infrared Thermometer Temperature Meter Gun Point -50~330 Degree Non-Contact Thermometer

ちなみに、Aliexpressだと送料込みで8ドル程度で売られている。

プチプチで包まれていた。

パッケージ。

説明書は英語。

まあ、量も多くないので英語で問題無し。

横にへこみがある。

そこから引くと、電池入れが出てきた。

単4電池2本は付属しなかった。

ディスプレイ。ボタンは、左がポインターのON/OFF、右がバックライトのON/OFF、真ん中の赤いボタンが華氏温度/摂氏温度切り替え。

測定部。

ピンボケですまないが、人差し指部分が測定開始ボタンになっている。拳銃のトリガータイプ。

トリガーを押すと自動的に電源が入って、押している間測定が続行される。そのため、温温度がリアルタイムで変化する。トリガーを離すと、最後の温度が固定されて測定が終了する。バックライトがONだと非常に明るく、文字も大きいのでとても見やすい。暗いところでも、使える。

ポインターは、こんな感じで発光するので、測定位置が確認できる。

非接触で測定できるというのはなかなか面白い。子供たちに見せたら、そこらじゅうを測定していた。

ただ、どけだけ測定温度が正確なのかは分からない。しかし、価格からしても正確性をうんぬんするような製品でもない気がする。

特に不具合なく使えているし、これはおかしいという測定結果は無いようだ。測定温度がシビアな場合は反射率が変更できるようなもっと高い製品がいいだろうが、とりあえず大体の温度が分かればいいという用途ならば、低価格でお勧めだ。